価値の無い車

の無い車でも廃車買取店に売れる

自動車の買い替えを検討しているときには、下取りの値段が付かないために車を廃車にした経験のある人もいるでしょう。ひと昔前であれば、ディーラーに依頼をして廃車するときに、手続きに費用がかかってしまうことが多かったですが、近年では無料で手続きを代行してくれる業者も登場しています。中古車買取店やディーラーであれば、買い取りを実施した車は中古車として再販売を行います。再販売のことを考えたときには、走行距離が少ないものや機種が新しいものほど、買取価格が高くなると言えます。ただし、10年以上使用されている経年車や10万kmを超える過走行車の場合であれば、中古車としての価値が無くなります。中古車として価値を持っていない車であれば、走行できるものであっても廃車にするしかありません。

一方で、廃車買取を専門的に行っている業者があり、そのような業者であれば海外へ輸出して再販売を行うことが目的であったり、走行できない場合であっても中古の部品やパーツに分解して、それらの販売を行います。中古車としては価値が無くなってしまったものであっても、ホイールやタイヤ、ガラス、バッテリーなどの個々のパーツとして見たときには、使用することが可能なものがたくさんあります。中古の部品は業者の手によって綺麗に洗浄されたり、エンジンなどの機能部分のパーツについてはテストを行って合格したものを、中古商品として再利用します。

ディーラーでは事故車や水没車に関しても、同じような理由で売却するのが難しいと判断されたときには買い取りが行われませんが、廃車買取業者であれば、事故を起こしている場合であっても破損していないパーツがありますし、水没した車でも被害が少ない部分を分解して、リサイクルすることになります。自動車のパーツとして再利用できないほど破損が激しい場合であっても、鉄やアルミなどとしても再利用することは可能なので、ほとんど価値がないと思われる車であっても廃車買取業者であれば、値段を付けてもらえる可能性があります。

これらの理由から廃車にするしかないと考えられる状態の車であっても、試しに買取店に持ち込むことがおすすめとなります。下取りが0円と判断された車や、修復歴のある車であっても買い取りを実施している業者がありますので、自分では動かせない状態の不動車であっても業者に連絡することで売れると言えます。
面倒な手続きに関しても業者が代行してくれますし、引き取りに関しても無料で行ってもらえますので、価値のない車であっても売れると思って相談するしたほうが良いでしょう。