軽自動車の処分

軽自動車の処分には廃車か買取り

軽自動車を新しく買い替えたい、年式が古くなった、走行距離が伸びた、動かなくなったなどで処分を考えている場合、どのように廃棄すればいいのでしょうか。
実は軽自動車は処分の仕方によって損得に差が出てきてしまいます。そのため後悔したくないのなら、事前に知識を持ってから廃棄するようにしましょう。

まず、軽自動車の処分方法を大まかに分けると廃車と買取りがあります。
廃車は、自動車の登録を永久抹消し、スクラップしてしまう方法です。

自分で手続きを行うのが一般的ですが、時間がない方などは代行業者に依頼して手続きを行ってもらうことも可能です。処理費用やリサイクル費用などにより廃車費用がかかります。目安ですが、軽自動車の廃車費用は1万円~2万円ほどです。
買取りは、買取業者に自動車を買い取ってもらう方法です。

まだ十分に乗れる状態の中古車の買い取りはよく知られていますが、実はスクラップにしなくてはならない状態の乗れない自動車でも買い取ってもらうことが可能です。どのくらいで買い取ってもらえるかは自動車の状態や業者の需要などによるので一概にいくらとは言えないのですが、いずれにしても持ち出し費用はかからないのでお得です。
仮に買取価格が付かなかったとしても、無料引取りをしてくれる業者もあるので損はしないでしょう。

上記を踏まえると、損がないのは買い取りということになります。金銭面での損得はもちろん、面倒な手続きは業者が行ってくれるので手間がかかりません。
そして、よりお得に、と思うのなら利用する買取業者はよく比較して選ぶようにしましょう。先述したように、買い取る価格は業者側の需要により変わるため、同じ状態の自動車でも一概ではないのです。

高値での買い取りを期待するのなら、いくつかの業者から見積もりをとって比較してみてください。すると数万円から数十万円という差額が生じるケースもあります。
概算ではあるものの、素早く見積もりを出してもらいたいと思うのならインターネットの活用がおすすめです。

各社のサイトから依頼するのもいいですが、一括査定サイトを利用するとスムーズに複数社から見積もりを出してもらうことができます。その上で、各社の買取金額を比較し、どの業者が一番高値で買い取ってくれるかチェックしてみましょう。
すると損することなく、軽自動車を買い取ってもらうことが可能です。
素人判断で廃車にしてしまう前に、一度愛車の価値を確認してみてください。